ERP 開発
オフショア開発を確実に実行。
 

1

ERPに関するプロジェクトにおいて、機能や帳票の開発、他システムとのデータ連携や旧システムから新システムへのデータ移行などに伴う開発、と いった一連の開発作業を避けて通ることは難しいものです。私たちも、オフショア開発チームを社内に組織するまでは、海外のサードパーティ開発ベンダーと数 多くのプロジェクトで協業してきました。そのため、コスト管理の観点からオフショア開発を選択することの難しさについて、お客様の気持ちは良く理解できま す。遠隔地とのコミュニケーション、文化の違い、方法論の相違などが、プロジェクトをより複雑にしてしまうケースを見てきました。

ア タウェイは、オンサイトの技術コンサルタントのみならず、上海とブエノスアイレスの2か所のサービスセンターに業務面・技術面に精通したメンバーを取り揃 えております。これらのサービスセンターの設立とその運営方針を決めるにあたり、過去の経験を踏まえ、オフショアチームとの協業で発生しうる課題にあらか じめ対応することを重視しました。その結果、私たちが学んできた教訓は、全てアタウェイの開発ソリューションに反映できたものと考えております。

SurePath はアタウェイのプロジェクト管理プラットフォームです。SurePathを使ってプロジェクトを管理することで、成果物に紐づく各作業を成果物単位で管理 することができます。また、プロジェクトで用いるドキュメントの一元管理やメンバー間での各成果物ステータス共有が可能となり、結果としてプロジェクト全 体像をメンバー全員が理解することに役立ちます。SurePathは様々な機能を統合的に備えており、プロジェクトメンバーのコラボレーションツール、課 題管理ツール、ワークフローエンジン、文書管理基盤といった機能を違和感なく連動させながら使用することができます。

開発フェーズの標準的な成果物は4つに分類されます。基本設計書、詳細設計書、実際の開発物、単体テスト結果です。

お 客様は、SurePathを通じて各開発の進捗状況を成果物単位で追跡することができ、プロジェクト全体の管理が可能となります。個々の成果物またはグ ループ単位の成果物はリアルタイムの確認が可能です。マイルストーンごとのリスク評価や、仕掛かり中の資料閲覧についてもできます。SurePathは、 私たちにとっては透明性を保証するツールであり、お客様にとってはエンゲージメントのためのツールとなります。SurePathは、プロジェクトでの役割 と関連作業の明確なアサインにも役立ちます。一般的に基本設計書はオンサイトの機能チームの担当となり、詳細設計書は主にオフショアチームが担当します。

こ れ以外に私たちが学んだ教訓として、オフショアチームの効率に関することがあります。従来、オフショアチームはテクニカルコンサルタントのみで構成されて いました。しかし、より効率的な業務を目的とし、課題のひとつであった品質的な問題の発生を抑えるべく、アタウェイのオフショアチームは業務コンサルタン トとテクニカルコンサルタントの混成チームとなっております。

SurePathは、オフショアチームをプロジェクトに参加させる際の課題を いかに私たちが深く理解しているかを如実に示す例です。オフショアチームをどのように参加させるかについては、お客様のご要望に柔軟に対応できます。どの ような方法論、テンプレート、開発手法でもプロセスに組み込むことができます。私たちは、お客様のチームと一体となり同じルールに従って働くと同時に、さ らに踏み込んで、オフショアでの作業が適切に実行されるようにします。

SurePathとツールセット

ア タウェイは、カスタムアプリケーション設計の経験とビジネスプロセスに関する専門知識を組み合わせて活用します。これを基に、業務要件を明確に把握し、技 術的・機能的ITアーキテクチャを構築し、外部システムとの統合を行います。業務コンサルタントとテクニカルコンサルタントの混成のオフショアチームのお かげで、潜在的課題を明らかにし、随時対処することができます。その結果、私たちが開発するカスタムアプリケーションは、円滑な導入が可能であると同時 に、お客様にご満足いただけるものとなっております。

アプリケーション開発に関するご要望があれば、今すぐアタウェイにご相談下さい!