財務
バックオフィス部門の財務機能が最大限に能力
を発揮するために.
 

1

規制の厳格化、事業のグローバル化、競争の激化など、財務部門へのプレッシャーは増えるばかりです。

今やほとんどの企業が ERPを導入しています。ERPはそれ相応の標準化につながっていますが、ほとんどの企業にとって高額のコストセンターであり、対処すべき生産性ギャップ も多く残されています。たとえば、複数勘定科目表への未対応、複数通貨への対応不完全、電子決済ではなく小切手決済、シェアード・サービスセンター統合な どの問題です。

アタウェイは、財務ERPの導入に15年以上携わってきました。その地域は米国だけにとどまらず、世界35か国以上でコアシ ステムの導入、アップグレード、設計などを行ってきました。国内および国際環境での複雑な課題への対応力において、アタウェイの実績はコンサルティング業 界でも他に例を見ないものです。

アタウェイのコンサルタントは、複数チームで実行する大型プロジェクトを数多く手掛けています。彼らがさま ざまな顧客とのプロジェクトを通じて培った知識と経験は、ビジネスプロセスを実行する企業にとって貴重な資産です。現地法規制の要求や特定国GAAPの要 求事項にも精通しており、企業の国内外の拠点で使用される言語にも対応しています。

アタウェイの財務に関する専門領域の例をいくつか挙げます。

•同一システム上で複数のGAAPに対応するための複数帳簿構想の策定

•複数の事業体または部門にまたがるコアシステムを設計、導入し、国内または国際環境でシングルインスタンス化

•地域または世界規模のシェアード・サービスセンターの設計(プロセスフロー、サービスの記述、役割と責任、SOP、SLA、トレーニング等)

•機能通貨などFAS 52に基づく複数通貨対応

•単一勘定科目表への移行とそれに伴うチェンジマネジメント活動

•異なるインスタンスの統合によるシングルインスタンス化、すなわち、勘定科目表だけでなく元帳構成、履歴データ、ベンダーファイル、顧客ファイルなど、複数の基準データセットの統合

•国際源泉徴収(1099、DAS2等)および税金(売上税、VAT/GST、TDS、消費税)をお客様のシステム上に正しく実装

•決算作業を2日に短縮するためのプロセス変更

ア タウェイはお客様のプロジェクトを支援するだけではなく、機能的・技術的サポート、トレーニング、テスト、プロセス改善に関するお客様のニーズに取り組む ことで、長期的な維持管理目標に向けてお客様と協力します。こうしたソリューションはすべて、さまざまな財務部門とのプロジェクトを通じ培った経験に基づ き設計されています。ソリューションにはプロセス改善の視点も盛り込まれています。たとえば、機能的または技術的サポートを提供する場合、提供するのはサ ポートだけではなく、。再発率の高い課題について分析し、長期的な課題削減に貢献し、プロセス内の改善すべき領域を特定します。何がお客様にとって大事か を理解しているのです。

アタウェイは「財務プロセスブループリント」を開発しました。これは、あらゆるプロジェクトを迅速にスタートさせるために役立つツールと文書のセットで、15年以上かけて培ったプロセス専門知識と実証済みのベストプラクティスを組み込んでいます。

財務に関する課題があれば、今すぐアタウェイにお問い合わせ下さい!

Not a member yet?

Sign up and get access to our
Premium content.

I am a registered member.