現地法規制へのコンプライアンス
お客様のあらゆる事業拠点で、システムとプロセスのコンプライアンスを支援。
 

1

グローバル企業にとって、コンプライアンスに関する課題は現地経営の成否を決定しかねません。現地規制へのコンプライアンス問題は、その地域での営 業年数の長さに関係なく起こる可能性があります。新技術や世界市場の状況は新たな規制の策定に左右されるため、企業には現地慣行に通じ、他の方法では解決 しようのない問題の解決策を見いだしてくれるパートナーが必要です。

アタウェイは、世界のほぼすべての主要地域にコンサルタントを 配置しています。彼らは徹底的な経験を積み市場を熟知しており、現地に関する深い知識を提供できます。アタウェイのコンサルタントは、将来生じる可能性の ある課題をお客様に確実に伝える、現在の規制上の課題への解決策を提案するなどして、現地に根ざしたリアルタイムの情報とコンサルティングで、お客様が常 に最新の状況に対応できるよう支援します。

支援の具体的領域は、以下のとおりです。

  1. 米国GAAP、ドイツGAAP、中国GAAP、ブラジルGAAPなど、お客様の母国のGAAPに従った中核グローバルシステムを設定
  2. 国際企業向けのFAS52(米国の新外貨換算基準)に基づき、お客様のシステムと報告書を設計
  3. お客様のプロセスとシステムにIFRS(国際会計基準)を導入
  4. 国際源泉徴収(1099、DAS2 等)および税金(売上税、VAT/GST、TDS、消費税)をお客様のシステムに正しく導入
  5. SOX法に基づく監査
  6. 複雑な現地税制に対応したシステムとプロセス(ブラジルの「Nota Fiscal」、インド税制、EU域内のIntrastat申告等)
  7. 現地での給与規制改定のモニタリングと、それに伴うお客様のシステムの更新
  8. 現地の税金システムとのインターフェース(中国の金税システム、ブラジルのMastersaf、台湾の統一発票等)
  9. 世界統一の勘定科目表の設定と導入

現地法規制に関するご相談があれば、今すぐアタウェイにお問い合わせ下さい!

Not a member yet?

Sign up and get access to our
Premium content.

I am a registered member.